多くの企業に選ばれるサービスの特徴|高いデータ復旧率

ハードディスク

パソコン故障時の禁則事項

HDD

多くの企業でパソコンが導入されるようになり、それに伴ってパソコン関連のトラブルも多発するにようになりました。仕事で使用するパソコンが壊れてしまった場合、制作物の納期遅延やリスケジュール、リソース調整など様々な問題と手間に繋がってしまいます。業務上どうしても焦ってしまうことがありますが、データ復旧のチャンスは1回ともいわれているので、安易にパソコンケースを開いて修理をするのは危険だといえるでしょう。法人向けのパソコンで不具合が起きてしまった場合、やってはいけない対処法というのがいくつかあるので覚えておくと役立ちます。まず1つ目に挙がるのがパソコン電源の再起動を繰り返すという行為です。
この様にして通電処理を繰り返してしまうと、データ復旧率を大きく下げてしまう恐れがあるので避けた方が良いのです。現在ではフリーのデータ復旧ソフトなどありますが、長時間に渡ってこのようなソフトを起動するのも禁物です。データ復旧ソフトは目に見えない部分で、パソコンに負荷を与えることがあるからです。また、新しくデータ復旧ソフトをインストールするのもあまり良い方法とはいえないでしょう。不具合を起こしたハードディスクを、更にデータ上書きすることになるのでリスクが大きいのです。法人向けパソコンにはオペレーションシステムのリカバリディスクが付属していることがありますが、これは出荷時の状態までパソコンを戻してしまうので、覚えておくと良いでしょう。無理な振動や衝撃を避けて、修理会社を待つのが得策なのです。